「緑内障の情報サイト」は、病院で良くならない、原因不明と言われた緑内障・正常眼圧緑内障・原発開放隅角緑内障・原発閉塞隅角緑内障・黄斑変性症・眼圧の改善・視野狭窄などを中心とした情報を提供する、鍼灸院運営の情報サイトです。

緑内障の情報サイト


〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16 サンビルダー六甲山の手1F

アクセス:阪急電鉄六甲駅より徒歩2分

完全予約制まずはお電話ください

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

緑内障手術の方法

緑内障とは視神経が障害を受けることによって視野が狭くなったり、一部見えない部分ができたりする病気です。 

国内では、40歳以上の20人に1人が緑内障を発症していると言われており、症状に気づきにくいため、自覚したときには緑内障がかなり進行した状態となっています。

緑内障はゆるやかに進行し、放置すると最悪の場合は失明に至るおそれがあります。 

緑内障は眼圧の上昇で起こると言われていますが、眼圧が正常であるにもかかわらず、発症するケースも多くあります。

しかし、眼圧が高くても正常であっても、緑内障の治療は眼圧を下げることです。 

緑内障は早期治療で少しでも進行を抑えることが大切です。そのためには、基本的な治療から始めて、十分な効果がみられない場合は、速やかに別の治療法を試みることが必要です。 

緑内障の治療は、薬物療法が中心で、まず点眼薬を使用し、場合によっては内服薬を使用します。薬物療法で眼圧が下がれば緑内障の進行を抑えることができますが、効果が見られない場合は、レーザー治療や手術を行うことがあります。 

薬物療法はあまり抵抗なく始められても、手術となると多くの方は不安を感じるのではないでしょうか。緑内障の治療法は慎重に選択する必要がありますが、治療効果がないまま長期間放置すると、緑内障が進行する可能性があります。 

緑内障は早めに適切な治療を行えば、失明の危険性を非常に小さくすることができます。このページでは、緑内障でお困りの方のために、緑内障の手術について詳しく説明しております。 

 

【目次】

  1. 緑内障の基礎知識
  2. 緑内障の手術
  3. 線維柱帯切開術
  4. 線維柱帯切除術
  5. 隅角癒着解離術

1. 緑内障の基礎知識

緑内障の基礎知識を知っておくことは、緑内障の治療をするうえで大切なことです。 

1)緑内障の症状

緑内障の症状は、視野が狭くなったり、一部見えない部分ができたりすることです。治療をせずに放置すると、最悪の場合は失明する危険性があります。 

2)緑内障の原因

緑内障の原因は、一般的に眼圧の上昇により視神経が障害を受けることと言われています。眼圧が上がるのは、目の中を循環する房水(ぼうすい:目の組織に栄養を与える液体)の排出がうまくいかないことによります。 

しかし、眼圧が正常範囲であっても緑内障を発症するケースも多くみられます。 

3)緑内障の分類 

開放隅角(かいほうぐうかく)緑内障:線維柱帯が目詰まりを起こし、房水がスムーズに排出されないために眼圧が上がる 

閉塞隅角(へいそくぐうかく)緑内障:隅角が閉じてしまい、防水の排出が障害されるために眼圧が上がる 

③発達緑内障:先天的に隅角異常があり、乳幼児期に緑内障と診断されることが多い 

4)緑内障の検査

  • 眼圧検査
  • 隅角検査
  • 眼底検査:視神経乳頭や網膜の神経線維の厚みを測り、視神経の障害の程度を判定する
  • 視野検査:見える範囲を調べ、緑内障の進行度合いをみる最も重要な検査 

5)緑内障の治療

緑内障の治療は、眼圧を下げることです。それは、眼圧が高くない正常眼圧緑内障でも同様です。 

薬物療法

緑内障の基本治療で、点眼薬・内服薬の使用によって眼圧を下げます。 

レーザー治療

  • レーザーで虹彩(こうさい:目の茶色の部分)に穴をあけ、防水の流れを変える
  • 房水を排出しやすくするために線維柱帯(せんいちゅうたい:房水が流れ出す部分にある線維状の組織)にレーザーを照射する 

手術

薬物療法やレーザー治療で、眼圧が下がらない場合には手術をすることがあります。

2. 緑内障の手術

緑内障の手術は、緑内障の中心的な治療法である薬物療法(点眼薬・内服薬)やレーザー治療が有効でない場合に行われます。

薬物療法やレーザー治療を行っても緑内障の進行が抑えられないと判断されると、手術による治療を検討します。 

緑内障の手術には、線維柱帯切開術線維柱帯切除術隅角癒着解離術(ぐうかくゆちゃくかいりじゅつ)などがあります。

緑内障の手術は、日帰りでできるものから、12週間ほど入院が必要なものまであります。 

緑内障の手術を行うことで、眼圧が下がり、緑内障の進行を抑えられることが期待できます。ただ、緑内障の手術を受ける際に注意すべき点、理解しておくべき点もあります。 

1)手術中の注意点

  • 目に力が入ると大量出血を起こす可能性があるので、痛みやしびれ、尿意など気になることがあればすぐに伝える 

2)手術後の注意点

  • 目をこすらない
  • 数日間は洗顔できない
  • 出血のある間は見えにくい状態が続く
  • 出血を早く治めるため、できるだけ安静にする 

3)手術後の合併症

  • 眼圧が不安定
  • 白内障の進行
  • 感染症 

4)再手術もあり得る

手術した部位が再びふさがって、防水の排出がうまくいかなくなり眼圧が上がると、再手術の必要性も出てきます。

3. 線維柱帯切開術

線維柱帯切開術は、線維柱帯を切り開いて目詰まりを解消し、房水を排出しやすいようにする手術です。房水の排出がスムーズになることで、眼圧が下がります。 

線維柱帯切開術は、外側から切開する方法がとられていましたが、最近では内側から糸やフックを使って切開する方法が、より安全で効果も高いとされています。 

切開するため出血はやむを得ず、手術後1週間ほどは出血のために見えにくい状態が続きますが、自然に治まります。手術前にこのことをきちんと理解しておくと、不要な心配をしなくてすみます。 

「線維柱帯切除術」と比較すると、眼圧を下げる効果はやや低くなるのですが、合併症や細かい管理の必要性が少なく、安全性の高い手術です。日帰りで行うことも可能です。ただし、年月とともに再度目詰まりが起こり、再手術が必要となることがあります。

4. 線維柱帯切除術

線維柱帯切除術は、線維柱帯の一部を取り除き、防水の排出口を作る手術です。線維柱帯切開術で十分な効果が見られない場合は、線維柱帯切除術を行います。 

線維柱帯切除術は線維柱帯切開術より眼圧を下げる効果が高い、最も一般的な緑内障手術です。長期の眼圧コントロールが期待できます。 

手術後は、眼圧が安定するまで細かい管理が必要なため、数日は続けて通院する必要があります。房水の排出量が多すぎると眼圧が下がりすぎ、見えにくくなるため、調節も必要となります。 

線維柱帯切除術は線維柱帯切開術に比べて、感染症にかかりやすいため、衛生管理に注意をはらい、まぶたをこすらないようにしましょう。

5. 隅角癒着解離術

隅角癒着解離術は閉塞隅角緑内障の治療に有効な手術です。隅角が狭くなって線維柱帯に癒着した虹彩をはがします。

この手術を行うことで隅角が開き、防水がきちんと排出されるようになります。 

隅角癒着解離術を行う際に、白内障の手術を同時に行うと効果的に眼圧が下がると言われています。 

手術後は、はがした部分がまた癒着しないようにレーザー治療を施すことがあります。 

緑内障の多くは、薬物療法を行うことで眼圧を下げ、進行を抑えることができますが、中には薬物療法で十分な治療効果がみられないケースもあります。そのような場合には、レーザー治療、さらには手術によって眼圧を下げる方法もあります。 

目の手術は不安を感じる方が多いと思われますが、緑内障の手術は短時間ですみ、局所麻酔をかけることで、痛みを感じず体の負担も最小限ですみます。 

緑内障は、眼圧を下げ、症状の進行を抑えることが大切です。薬物療法で治療効果がない場合は手術という選択肢があります。どうぞあきらめないでください。

当院の鍼灸治療では主に目の血流・免疫力の改善を行うことで緑内障の症状改善を目指しております。緑内障は目の血流・免疫力を改善することで良くなる可能性があります。どうぞあきらめないでください。

 

当サイトの運営者について

全国から患者さんが来院される

横幕鍼灸院

当院は完全予約制です。
こちらにお電話の上、ご予約ください。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

078-891-3590

住所

657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

診察日
9:00-13:00××
14:00-17:00×××

土曜日・日曜日も診察しております。
研究・実験により、臨時休診する場合があります。

サイト内検索はこちらから