「緑内障の情報サイト」は、病院で良くならない、原因不明と言われた緑内障・正常眼圧緑内障・原発開放隅角緑内障・原発閉塞隅角緑内障・黄斑変性症・眼圧の改善・視野狭窄などを中心とした情報を提供する、鍼灸院運営の情報サイトです。

緑内障の情報サイト


〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16 サンビルダー六甲山の手1F

アクセス:阪急電鉄六甲駅より徒歩2分

完全予約制まずはお電話ください

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

眼圧は正常でも進行する緑内障

眼圧は正常でも進行する緑内障

眼圧は正常なのに、緑内障が悪くなる場合

目の血液循環

問題なのは、眼圧は正常なのに進行する緑内障です。緑内障の原因は、眼圧が上がる事と考えられています。しかし、眼圧は正常なのに視野狭窄が進行する事が、多く確認されています。

緑内障の原因は、眼圧だけではないのです。眼圧のコントロールをしているから大丈夫と、安心ではできないのです。

緑内障には、隠れた原因があります。緑内障の方は、眼圧だけをコントロールしていれば大丈夫と思いがちですが、注意が必要です。緑内障の視野狭窄は、徐々に進行するので油断しがちです。なぜ眼圧が正常でも、緑内障の症状が進行するのでしょうか?

考えなくてなくてはならないのが、網膜の血流状態です。網膜とは、物と見るための神経たくさん集っている場所です。神経が正常に働くには血液が必要です。網膜の血流が悪くなりますと、視神経の働きが悪くなります。

網膜に血液を送っているのが脈絡膜と呼ばれる部分です。何らかの理由で、脈絡膜の血流が悪くなる事があります。このため、視神経が正常に働かなくなります。この結果、視野狭窄が進む可能性があります。眼圧が正常であっても、視野狭窄が進んでいくのです。

緑内障の患者の方を診察させて頂きますと、

  • 動脈硬化
  • コレステロール値が高い
  • 糖尿病
  • 心臓病

などの症状の方を見受けます。これらの方々は、血流状態が良くありません。眼球内の血流も落ちていることが考えられます。眼内の血流は、検査ではわかりにくい部分です。また、有効な薬もあまりありません。この結果、緑内障は原因不明・治療方法がないと言われます。眼圧が正常なのに、緑内障の症状が進行する事に注意しなくてはいけないのです。

緑内障の症状は、

  • 治療方法がない
  • 原因が分からない
  • 様子を見ましょう

などと言われます。緑内障の症状が、進行すると失明などの問題が出ます。何としてでも、緑内障を改善しなくてはなりません。

 

当サイトの運営者について

全国から患者さんが来院される

横幕鍼灸院

当院は完全予約制です。
こちらにお電話の上、ご予約ください。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

078-891-3590

住所

657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

診察日
9:00-13:00××
14:00-17:00×××

土曜日・日曜日も診察しております。
研究・実験により、臨時休診する場合があります。

サイト内検索はこちらから