「緑内障の情報サイト」は、病院で良くならない、原因不明と言われた緑内障・正常眼圧緑内障・原発開放隅角緑内障・原発閉塞隅角緑内障・黄斑変性症・眼圧の改善・視野狭窄などを中心とした情報を提供する、鍼灸院運営の情報サイトです。

緑内障の情報サイト


〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16 サンビルダー六甲山の手1F

アクセス:阪急電鉄六甲駅より徒歩2分

完全予約制まずはお電話ください

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

緑内障の症状

緑内障の症状を知っておくことは、早期発見・早期治療のためにとても大切なことです。緑内障は40歳以上の日本人の失明原因となる病気の一つです。

全世界で見ると緑内障が失明原因に占める割合は約8%に過ぎません。ですが、日本では糖尿病性網膜症や黄斑変性症と並んで失明原因の常に上位を占めています。

緑内障は、眼圧が上昇しその圧力で視神経に傷がつき、視野が狭まる病気です。視神経は一度傷ついてしまうと元には戻りません。

しかも、初期の緑内障では基本的に自覚症状がほとんどありません。ですから、物の見え方に違和感を覚えて眼科を受診する頃には、緑内障は相当進行している場合が多くなってしまいます。

日本で行われた調査では、40歳以上の20人に1人は緑内障であることが明らかになった一方で、そのうちの約9割が緑内障であることに気づいていなかったという結果が出ています。

また、緑内障にかかる割合は年齢を重ねるにつれて高くなることも知られています。適切な治療で眼圧を下げることができれば緑内障の進行を抑えられます。

視神経の障害を早期に発見するために、緑内障の症状が特になくても、40歳を過ぎたら1~2年に一度は眼科で検診を受けるようにしましょう。検診の結果、視神経に異常はないものの眼圧が正常値(10~20mmHg)よりも高いことが分かる場合があります。

この状態を高眼圧症といい、将来的に緑内障へと移行する可能性が高くなります。

また、物の見え方に少しでも違和感を覚えるなど何らかの症状に気づいた場合も、そのまま様子を見ずに眼科を受診するようにしましょう。視力を失ってしまう前に、緑内障の症状を知って早期発見・早期治療につとめることが大切です。

緑内障を治すためには、緑内障の症状について知ることが大切です。このページでは、緑内障の症状について詳しく説明をしております。


【目次】

  1. 視野狭窄、視野欠損
  2. 霧視
  3. 頭痛、眼痛
  4. 急性緑内障発作

1. 視野狭窄(しやきょうさく)、視野欠損(しやけっそん)

視野狭窄、視野欠損とは、視野が狭まる、または視野の一部が欠けてしまうという症状です。

眼の中には房水(ぼうすい)という透明な液体があり、常に新しい房水ができては排出されるということをくり返しています。

この房水の排出が何らかの理由でうまくいかなくなると、行き場を失った房水が眼の中にあふれ、眼圧を上昇させ視神経を圧迫してしまいます。

視神経は圧迫されることで傷がつき、視野が狭まったり見えない部分を作ったります。

視野狭窄や視野欠損は、初期ではまず視野の中心部から離れた部分に生じることが多く、視野が欠けた部分は暗い点のように見えます。さらにこの異常はとても狭い範囲から始まります。

両眼で見ると、片方の見えない部分をもう片方の眼が補ってしまいます。そのため、日常生活に支障をきたすことはほとんどなく、異常にも気づきにくいと言えます。

緑内障が進むにつれて、見えない範囲も徐々に視野の中心に侵入してきます。こうなれば、ようやく見えにくさや視野の欠けに気づきます。

日本人の緑内障の大半が、この視野狭窄や視野欠損が緩やかに進行する開放隅角緑内障(かいほうぐうかくりょくないしょう)です。

2. 霧視(むし)

ぶどう膜炎(▲クリックして拡大)

霧視とは、視野全体に霧がかかったように見える症状です。病気の進行とともに濃い霧の中で生活しているような物の見え方になります。

ぶどう膜炎に続いて起こる続発緑内障(ぞくはつりょくないしょう)で認められやすい症状です。

3. 頭痛、眼痛

頭痛、眼痛といった症状も見られ、頭の側面、眼の奥などが痛むことがあります。下を向いたときに頭痛を自覚することもあります。

痛みが強くない場合、また見えにくさなど眼に関する症状が他になければ、それが緑内障の症状だとは気づきにくく見過ごされてしまいがちです。

4. 急性緑内障発作

急性緑内障発作といって、さまざまな緑内障の症状が突然現れることがあります。

それは、何らかの理由で房水の出口が急に塞がった場合に、急激な眼圧上昇により起こります。

これは、閉塞隅角緑内障(へいそくぐうかくりょくないしょう)と言われる急性緑内障のタイプで起こる症状です。

日本人が発症する緑内障のうち、閉塞隅角緑内障が占める割合は約1割と頻度は低いですが、40歳以降の女性で遠視のある方は特に発症しやすいとされています。

急性緑内障発作の主な症状は以下の通りです。

  • 激しい眼痛
  • 激しい頭痛
  • 結膜の充血
  • 視力の低下、かすみ目
  • 吐き気、嘔吐
  • 徐脈
  • 流汗

急性緑内障発作が起こるとき、眼圧は正常の3~4倍にあたる60~80mmHgまで急上昇します。それに伴い、視神経も一気にダメージを受けてしまいます。そのため比較的早い段階で、日常生活に支障をきたすほどの広範囲に及ぶ、視野狭窄や視野欠損を認める場合があります。

急性緑内障発作の症状が現れた際は、すぐに眼科を受診して適切な治療を受ける必要があります。ただ、緑内障からくる症状であったとしても、嘔吐が著しい場合はまず内科を受診してしまうことがあるでしょう。

その場合、内臓や脳を調べても特に異常は認められないため、緑内障の発見が遅れてしまう可能性があります。

緑内障を発症するリスクが高い方は、これらの症状をよく把握しておくことが大切です。そうすれば、いざというときの受診に役立ちます。

緑内障の症状は、ご本人が気づかない間に進行します。そして、眼圧が正常でも進行します。そのためにも、緑内障の症状をきちんと知ることが大切です。治らないと言われる緑内障ですが、早期発見・早期治療により改善する病気です。どうぞあきらめないでください。

 

当サイトの運営者について

全国から患者さんが来院される

横幕鍼灸院

当院は完全予約制です。
こちらにお電話の上、ご予約ください。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

078-891-3590

住所

657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

診察日
9:00-13:00××
14:00-17:00×××

土曜日・日曜日も診察しております。
研究・実験により、臨時休診する場合があります。

サイト内検索はこちらから