「緑内障の情報サイト」は、病院で良くならない、原因不明と言われた緑内障・正常眼圧緑内障・原発開放隅角緑内障・原発閉塞隅角緑内障・黄斑変性症・眼圧の改善・視野狭窄などを中心とした情報を提供する、鍼灸院運営の情報サイトです。

緑内障の情報サイト


〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16 サンビルダー六甲山の手1F

アクセス:阪急電鉄六甲駅より徒歩2分

完全予約制まずはお電話ください

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

緑内障の予防方法

緑内障は、視神経に障害が起こることで視野が欠けていく眼の病気です。40歳代以降で発症する割合が高くなりますが、自覚症状を感じにくいため、発見が遅れる傾向があります。

日本国内では、20人にひとりの方が緑内障を患っているとも言われています。

緑内障を引き起こす決定的な原因は特定できていませんが、緑内障を発症しやすい傾向にある人はいます。

年齢は40歳以上で、男性よりも女性、親戚や家族など近い血縁関係者で緑内障を発症している方がいる、近視の度合が強い場合などは、注意が必要です。

体質的には低血圧で、末端冷え性であるなど血行不良がある方も、そうでない方よりリスクは高くなります。

まずは、進行を遅らせて現状を維持することが治療の目的となります。主に点眼薬が適用され、状況により外科手術や眼に負担の少ない最新のレーザーによる治療もあります。

緑内障を治すためには、緑内障の予防方法について知る事が大切です。このページでは、緑内障を治したい方のために、緑内障の予防方法について詳しく説明しております。


【目次】

  1. 緑内障の定期検査
  2. 緑内障の予防方法 ~食生活
  3. 緑内障の予防方法 ~眼をいたわる
  4. 緑内障と診断されたら

1.緑内障の定期検査

緑内障は緩やかに進行していくという特徴がありますが、発症していると気づきにくいのには理由があります。

私たちの眼は、左右どちらかに欠点があっても、正常な方がそれを補おうとする性質があるのです。

ものを見るとき、両方の眼を使ってトータルな見方をするため、片側で視力低下や視野欠損が生じていたとしても自覚しにくいのです。

また脳内でも、実際には見えていない部分を創作して映すという作用があり、見えていないという感覚が得にくいのです。

緑内障は、なるべく早期のうちに発見し治療を開始することが得策であるといわれます。そのためには、眼の定期検査を欠かさないことが肝心です。検査には、眼圧検査、眼底検査、視野検査、隅角検査、画像解析検査と種類があります。

すべての検査をすることで、緑内障を発症しているのか、どのタイプの緑内障なのかを詳しく調べます。とくに最新の検査では、コンピュータによる画像解析の進歩がめざましく、三次元の画像解析で、眼底の詳細な形状を確認することが可能になりました。

緑内障を発症する以前の段階で、診断ができるようになっています。

2.緑内障の予防方法 ~食生活

緑内障を発症しないために、食生活を見直すことも予防方法のひとつです。

緑内障に限らず、眼に良いといわれている成分である「アントシアニン」を多く含む食べ物に、ブルーベリーやカシスがあります。

魚介類のホタテやあわび、さざえなどに含まれる「タウリン」や、牡蠣(かき)に含まれる「亜鉛」、ほうれん草やかぼちゃなど緑黄色野菜では「ルティン」や「ビタミン」も眼には有効な栄養素です。

逆に控えた方がよいのはアルコール類です。飲酒がすぎると肝臓に負担がかかります。肝臓の働きが弱くなると、眼球内にも悪影響が出ます。房水(ぼうすい)の循環が悪くなることで眼圧が上昇するのです。

また糖分や脂質の摂り過ぎも避けるべきです。これらは血糖値をあげ、血流の悪さを招きますが、眼球周りの血行不良は緑内障を引き起こす原因のひとつとなります。野菜や魚、海藻類などを中心にバランスのとれた食生活をこころがけましょう。

3.緑内障の予防方法 ~眼をいたわる

緑内障の間接的な要因として、眼を酷使していることが考えられます。

仕事でパソコン画面を長時間にわたり眺める必要がある、あるいは仕事以外でもスマートフォンやテレビなど、眼が何かを凝視している状態が一日のうちで少なくとも数時間はあるでしょう。

現代では眼の使いすぎが習慣化していて、眼精疲労やドライアイの方は多いと思われます。できるだけパソコンに向かう時間を削減する、就寝前の2~3時間は画面を見ない、画面の明度を少し暗くするなど、工夫をして「眼をいたわる」努力をしましょう。

眼精疲労を回復させるには、こめかみや眉間のあたりにツボがありますのでマッサージをする、眼の周辺をあたためて血行を改善させるなど、試してみるのも効果的です。また、画面と適切な距離を保つことや、椅子の高さも正しく調節するなど、眼の疲れない環境を整えておくことも大切です。

4.緑内障と診断されたら

眼科医院で検査を受けて緑内障と診断された場合は、医師の指示に従って治療を始めることになります。

緑内障は、長く向き合う必要のある病気です。主治医との良い関係性や、治療を中心とした規則正しい生活などが、後の緑内障の進行具合に係わってきます。

緑内障の医学的な研究は進んでいますので、長い治療生活を送るなかで、新しい治療法が開発されることもあるでしょう。

常に、最新の情報が耳に入るようアンテナをはっておくことが肝心です。

場合によっては、外科手術を考えてみる、別の医療機関でセカンド・オピニオンを受けることも、良い治療効果を得るきっかけとなる可能性はあるのです。

緑内障の予防をすることは、早期発見、早期治療にもつながります。緑内障かもしれないと考えあわてられる方も多いです。しかしながら、緑内障は、しっかりと治療をすれば良くなる病気です。

 

当サイトの運営者について

全国から患者さんが来院される

横幕鍼灸院

当院は完全予約制です。
こちらにお電話の上、ご予約ください。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

078-891-3590

住所

657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

診察日
9:00-13:00××
14:00-17:00×××

土曜日・日曜日も診察しております。
研究・実験により、臨時休診する場合があります。

サイト内検索はこちらから